[PR]

 ■女たちの踊り、強烈な印象

 二つの博徒の勢力が抗争を繰り返し、荒れ果てた北関東の宿場町。そこへ現れた浪人が、この悪者同士を闘わせて――。三船敏郎演じる浪人は、道に投げた木の枝の向きで行き先を決めるいい加減な男。名前を聞かれると、広がる桑畑を見て「桑畑三十郎」「そろそろ四十郎だがな」と言う。なん…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも