[PR]

 かかりつけのお医者様として、子どもたちがお世話になった先生の訃報(ふほう)を新聞で読んだ。「たぬき先生」こと、毛利子来(たねき)先生だ。

 4人の子どもが小さい頃は、毎月のように医者通いをしなくてはいけなかった。おもちゃと絵本がいっぱいの友達の部屋みたいな待合室を、子どもたちは覚えているだろうか…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも