[PR]

 自民党の細田博之・憲法改正推進本部長は10日、朝日新聞のインタビューで、「憲法改正は一種の議員立法。勝手に自民党が出して『多数党が出したから、賛成したらどうか』という議論は適当ではない。考え方を各党に示していく手順が必要だ」と述べ、各党との協議を丁寧に進める必要性を強調した。

 同本部長は憲法改正…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも