[PR]

 公明党は10日、地方組織幹部を集めた会議で、衆院選苦戦の要因として、新党結成の動きや、自民党と主要公約が重なったことによる「埋没」などを報告した。衆院選の総括文書の原案には、安倍晋三首相を強く支持する姿勢が不信感を招いた、といった指摘が盛り込まれていたが、会議では提示しなかった。

 公明党は、公示…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも