[PR]

 グループ会社で起きた従業員間のセクハラ行為に、親会社が責任を負うべきかが争われた訴訟で、最高裁第一小法廷(池上政幸裁判長)は、被害を訴えた女性と親会社の双方から意見を聞く弁論を12月18日に開くことを決めた。二審判決は親会社の責任を認めたが、弁論は二審の結論を変える際に開かれるため、判決が見直され…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも