[PR]

 サウジアラビアは9日、レバノンに滞在する自国民の即時退避とレバノンへの渡航自粛を勧告した。理由は明らかにしていないが、レバノンに対して今後の国交断絶もあり得ると警告する狙いがあるのではないかとの見方が出ている。背景には、レバノンへの影響力を巡るイランとサウジとの対立があり、両国の緊張は高まる一方だ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも