[PR]

 東京や大阪のクリニックで臍帯血(さいたいけつ)が国に無届けで移植されたとして、販売業者や仲介役ら計4人が再生医療安全性確保法違反罪で起訴された事件で、表参道首藤クリニック(東京都渋谷区)の医師首藤紳介被告(40)の初公判が10日、松山地裁であった。首藤被告は起訴内容を認め、検察側は懲役1年を求刑し…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも