[PR]

 希望の党は10日の両院議員総会で、国会議員団トップの初代共同代表に玉木雄一郎衆院議員(48)を選出した。小池百合子代表(東京都知事)に近い結党メンバーらの支援を受け、憲法改正などに関する「小池路線」の継続が支持された。選挙戦を通じ、路線対立が鮮明となっており、分裂含みの展開も予想される。▼総合4面…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも