[PR]

 神戸製鋼所は10日、検査データ改ざん問題について、社内調査による原因究明と再発防止策をまとめた報告書を発表した。収益を重視するあまり、品質より生産量や納期を優先する企業体質になったと分析。経営陣が現場の問題を把握する姿勢も不十分だったとした。対策として、品質監査の専門部署を新設するほか、検査データ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも