[PR]

 高額新薬の費用対効果を評価して価格調整する仕組みの試行で、複数の品目で製薬会社などの企業側の評価と学者ら専門家チームの評価が大きく違っていたことがわかった。本来は有識者検討会が二つの評価からより合理的なものを採用するなどして価格が決まるはずだったが、厚生労働省は「妥当性が判断できない」とし、来年度…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも