[PR]

 最終日は来年の世界選手権第1次選考会を兼ねて千葉ポートアリーナで男女7階級があり、男子100キロ級で期待の19歳、飯田健太郎(国士舘大)が初優勝した。同100キロ超級は元世界王者小川直也氏の長男・雄勢(明大)が勝ち、親子優勝(1995年=当時95キロ超級)を果たした。女子52キロ級は男子66キロ級…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも