[PR]

 英国が中東パレスチナにユダヤ人国家の建設を支持した「バルフォア宣言」から今月2日で100年がたった。宣言は、中東混迷の根源になったとの見方があり、評価は割れる。中東が欧米の大国の思惑にほんろうされる姿は、今も変わっていない。

 「国王陛下の政府はユダヤ人のための民族的郷土(ナショナル・ホーム)を…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも