[PR]

 結婚するかしないかは、人生の選択肢の一つといわれるようになった。しかし近年までは、そして江戸時代においても、一定の年齢に達した人が結婚することは至極当然と考えられていた。またこちらも現代では減少しているようだが、江戸時代では結婚の仲立ちをする「仲人」の存在も重要だった。ここでは、武蔵国多摩郡連光寺…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも