[PR]

 国の制度融資で不正を繰り返した政府系の商工組合中央金庫(商工中金)の経営見直しのため、経済産業省が17日、有識者会議で議論を始めた。初回の会合から組織のスリム化や事業分野の限定化を求める声が相次いだ。会議は年内に提言をまとめる予定で、「民業圧迫」が指摘される公的金融のあり方をどれだけ見直せるかが焦…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも