[PR]

 東芝は約6千億円の資本増強を打ち出し、上場廃止になる心配はひとまず遠のいた。しかし、発表から一夜明けた20日、株価は一時、6%を超えて下落。増資で株式数が1・5倍に膨らむことが嫌われた。増資に応じる海外投資家は株価上昇への圧力を強めそうで、難しいかじ取りは続く。

 東芝株の20日の終値は275円…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも