[PR]

 20世紀を代表する作家の一人ウラジーミル・ナボコフ。代表作『ロリータ』のエロチックな印象が強いが、英露仏語を操り言葉の魔術師と言われる。没後40年の今年、ロシア語原典からの初邦訳を含む「ナボコフ・コレクション」全5巻(新潮社)の刊行が始まり、晩年の長編『アーダ』(早川書房)も40年ぶりに新訳が出た…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも