[PR]

 日本新聞協会は小・中・高校生対象の「第8回いっしょに読もう! 新聞コンクール」の入選作を発表した。全国から感想文など4万7699編の応募があり、小中高の各部門で朝日新聞などの記事を題材にした3人が最優秀賞を受賞。「HAPPY NEWS賞」に1人が選ばれた。12月9日に日本新聞博物館(横浜市)で表彰式が行われる。

 小学生部門の最優秀賞は、埼玉県熊谷市立熊谷西小1年の新井美結さん。病気などで髪を失った子どもたちにかつらを贈るため、髪を寄付する活動を紹介した記事(2016年12月11日付読売新聞朝刊)を読んだのを機に、自ら髪を切って寄付したことを書いた。

 中学生部門の最優秀賞は東京都の跡見学園中2年、中山桜さん。ダウン症の人たちの9割超が「毎日幸せ」と感じていることを伝えた記事(16年11月24日付朝日新聞朝刊)で新しい価値観に触れたという。

 高校生部門では、埼玉県立川越女子高2年の芦川琴乃さんが最優秀賞に。父親が戦死し、「誉れの子」と呼ばれた子どもたちを描いた記事(17年8月16日付朝日新聞朝刊)を読み、現在でも報道に過剰な表現がないか考える必要があると考え、情報を批判的に読み解く力の重要性に気づいたことをつづった。

 「HAPPY NEWS賞」は、和歌山大教育学部付属小2年の岩田凜咲(りさ)さん。交通指導員のボランティアを長年続ける男性を紹介した記事(17年8月1日付毎日新聞朝刊)について書いた。

こんなニュースも