[PR]

 2020年度末の待機児童ゼロ達成に向け、政府が推計した保育施設「32万人分」の整備目標で十分なのか、議論が起きている。依然保育園に入れない子どもが多いなか、幼児教育の無償化策に巨額の財源が投入される見通しとなったのが発端だ。保護者らは政府が潜在的な需要を見誤っているとし、「まずは正しいニーズ把握に…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも