[PR]

 シルヴァン・カンブルランと読売日本交響楽団の名コンビがメシアンの歌劇「アッシジの聖フランチェスコ」を演奏会形式で全曲日本初演した。正味約4時間半の超大作(19日、サントリーホール)。

 キリスト教的エクスタシーを表現したい。それだけの音楽だ。しかもスクリャービンのように派手ではない。キリスト教徒は…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも