[PR]

 晩秋の夕暮れ。慶応大学日吉キャンパス(横浜市)の銀杏(いちょう)並木を、学生や買い物袋を持った人、会社帰りの人が行き交う。キャンパスには門がなく、近くに住む人たちの生活道路にもなっている不思議な場所だ。

 1972年春。瞳みのるさん(71)=本名・人見豊(みのる)=は、緑に芽吹く銀杏並木を見上げな…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも