[PR]

 平成に入っても、大蔵省は金融機関に強い権限を持ち、裁量行政を続けた。そこで大手銀行のエリートは「自行を有利に」と接待をかさねた。ゆがんだ関係に捜査のメスが入ったのは、金融危機まっただ中の1998年初め。事件を受け、「財金分離」が進んだ。(小森敦司)

 ■MOF担「自行を有利に」

 「MOF(モフ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも