[PR]

 第十四章 泡の場 8

 

 とはいえ、時代の空気といいますのは、それが熱ければ熱いほど、どんな隙間にも吹き込んでまいります。

 実際、この当時の喜久雄たちの遊び方も豪快でして、日本全体が浮かれている町の様子は、年がら年中、劇場と自宅を往復するだけの車のなかからちょっと覗(のぞ)くだけでも伝わってま…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも