[PR]

 「明日はどうなってしまうのか、という絶望的な気持ちになることもありました」

 日本銀行の中曽宏副総裁は最近の講演で、90年代の金融危機時をこう振り返った。

 中曽氏は当時、危機対応の一線にいた。信用不安がささやかれる大手銀行についての記事がでると、「破綻(はたん)すればデリバティブ取引を通じて世界…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも