[PR]

 栃木県那須塩原市の塩原温泉。温泉街から少し離れた場所にある旅館「湯守田中屋」は長年、固定資産税の負担に苦しんできた。

 創業54年。2015年の宿泊客数は約1万3千人で、バブル期のピークからほぼ半減した。市に納めた15年度の固定資産税額は259万円。建物分が大半を占める。部屋の間取りを改修したいが…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも