[PR]

 日本銀行の黒田東彦(はるひこ)総裁が7日都内で講演し、2%の物価目標には「距離があるのは事実」とし、「強力な金融緩和を粘り強く進める」と強調した。緩和策が「わが国経済を大きく改善させる効果があることははっきりしている」とも述べた。最近の発言から、緩和の副作用に配慮して政策修正に向かうとの見方も一部…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも