[PR]

 近畿大などの水産研究者が設立したNPO法人が、人工的に育てた稚魚を使って養殖した魚に「お墨付き」を与える制度を始めた。世界的に養殖魚の消費が伸びるなか、水産資源への悪影響が少ない手法をアピールして、国内外の消費者に日本の養殖魚を売り込む。

 制度をつくった「持続可能な水産養殖のための種苗認証協議会…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも