[PR]

 労組日本プロ野球選手会の定期大会が7日、大阪市内であり、5期務めた嶋基宏会長(32=楽天)の後任に、西武の炭谷銀仁朗捕手(30)を選出した。任期は1年。嶋より前に選手会長を務めたのは中畑清、原辰徳、岡田彰布、正田耕三、古田敦也、宮本慎也、新井貴浩の各氏。嶋からバトンを受けた炭谷は9代目で、大学また…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも