[PR]

 需給調整を理由に国に個人タクシーの事業申請を却下されたのは不当だとして、埼玉県の男性が国の処分の取り消しを求めた訴訟の判決が7日、東京地裁であった。林俊之裁判長は「認可の際、需給調整を理由にするのは職業選択の自由にかかわる」などとして、申請を許可するよう命じた。判決によると、男性は2012年、関東…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも