[PR]

 JR北海道は7日、北海道小樽市の函館線銭函(ぜにばこ)駅構内で、手稲(ていね)発小樽行き回送列車(6両編成)の1両目が脱線したまま約68メートル走行していたと発表した。同社によると、脱線があったのは6日午前5時半ごろ。雪や氷にぶつかって車輪が一時脱線し、線路に戻ったと見ている。

こんなニュースも