[PR]

 知る、理解する、というサイエンスの別の機能との関係から切り離された技術は、厄災の源になる。

 (千葉聡)

     ◇

 「害虫」のカタツムリを駆除するために、カタツムリを食べるカタツムリを「自然にやさしい生物農薬」として導入した結果、関係のない他種のカタツムリが全滅した。人間の都合が、生物が長い…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも