[PR]

 ロシアのプーチン大統領が6日、来年3月の大統領選への立候補を表明した。有力なライバルはおらず、通算4期目の当選は確実な情勢だ。ただ、経済低迷や対外関係の悪化に加え、国民には長期政権への「飽き」もある。強気の政権運営に不可欠な圧倒的な支持を得られるか不安が残る。

 プーチン氏が立候補表明の場に選んだ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも