[PR]

 【ルマン(フランス)共同】フランス伝統の自動車耐久レース、第85回ルマン24時間は17日、ルマンのサルテ・サーキットで決勝が行われ、初優勝を狙うトヨタはポールポジション(PP)から発進した小林可夢偉の7号車は9時間を経過した時点で首位に立っていたが、その後のマシントラブルでリタイアした。

 国本雄資の9号車も他車との接触後に走行不能でリタイアとなった。13時間を経過した時点で2連覇中のポルシェの1号車が首位に立っている。トヨタは中嶋一貴の8号車が最高峰のLMP1クラスで3位、総合で36位につけている。

 18日午後3時(日本時間午後10時)にゴールする。(共同)

こんなニュースも