[PR]

 【ニューヨーク共同】米大リーグが18日、第11週を終了し、ア・リーグは東地区で田中が所属するヤンキースが38勝29敗で首位を守ったが、6連敗で2位レッドソックスにゲーム差なしに肉薄された。

 西地区はアストロズが46勝24敗のメジャー最高勝率で首位独走。レンジャーズが11ゲーム差の2位に浮上し、マリナーズは4位に後退。中地区はインディアンスが36勝31敗で首位に立った。

 ナは西地区のドジャースが44勝26敗で1位ロッキーズと1ゲーム差の2位。中地区はカブスが34勝34敗の2位でトップのブルワーズと2・5ゲーム差。東地区はマーリンズが30勝37敗の4位。(共同)

こんなニュースも