[PR]

 【シカゴ共同】米大リーグは12日、各地で行われ、メッツの青木はシカゴでのカブス戦に「2番・左翼」で出場し、4打数無安打1打点、1得点1死球だった。ブルージェイズ在籍時から続いていた連続試合安打は12で止まった。

 マーリンズのイチローはフィリーズ戦の延長十回に代打で四球を選んだ。守備には就かなかった。

 同僚の田沢は十二回から6番手で登板し、2回を1安打無失点と好投した。勝敗は付かなかった。チームは十五回、8―9でサヨナラ負けを喫し、3連敗となった。

 インディアンスはタイガースを2―0で破り、ア・リーグ記録に並ぶ20連勝とした。(共同)

こんなニュースも