【リール(フランス)共同】10日にフランスで行われたサッカーの国際親善試合で日本に3―1で快勝したブラジルのエースFWネイマールが、試合後の記者会見で涙ぐむ場面があった。

 PKで先制点を奪ったネイマールは自ら望んで記者会見に出席。今季移籍したパリ・サンジェルマン(フランス)で、エメリ監督やカバニ(ウルグアイ)らとの不和が報じられたことに抗議するためで「彼らとは一切問題ない。関係ない人がでっちあげているだけ。傷ついている」と訴えた。

 隣のチチ監督が「彼は優れた性格の持ち主で、ロッカールームでの存在感は絶大だ」と手を差し伸べると、ネイマールは感極まった。(共同)

こんなニュースも