[PR]

 【ロサンゼルス共同】ポスティングシステムによる米大リーグ移籍を目指すプロ野球日本ハムの大谷翔平選手(23)と交渉したマリナーズ、エンゼルスが6日、ともにツインズとトレードし、25歳未満のドラフト対象外の外国人選手に使える契約金の枠を100万ドル(約1億1千万円)増やした。争奪戦で優位に立つことを狙ったもよう。

 AP通信によると、マリナーズは255万7500ドル、エンゼルスは231万5千ドルとした。大谷と交渉中の7球団ではレンジャーズが最高の353万5千ドルでジャイアンツ、ドジャース、カブス、パドレスが30万ドルとされる。(共同)

こんなニュースも