[PR]

 自宅に夫とみられる遺体を遺棄したとして、栃木県警捜査1課と真岡署は11日、妻で真岡市熊倉町の看護助手村山スミ容疑者(58)ら3人を逮捕し、発表した。ほかに逮捕されたのは同居するいずれも派遣社員の長女恵(30)、長男春樹(27)の両容疑者。妻と長男は容疑を認め、長女は「入院していると思っていた」と否認しているという。

 捜査1課によると、3人は自宅に同居する無職村山進さんとみられる遺体を遺棄した疑いがある。遺体は頭まで布団をかぶされ、白骨化していた。2014年12月以降、進さんに会っていない親族が今月10日午前11時半ごろ、容疑者宅を訪問。妻らに問いただしたところ、「昨年死亡し、自宅居間にいる」と話したため真岡署に連絡した。