[PR]

 ADHDが疑われる主婦・サチコさん(40代女性)には、こんなことがしょっちゅうあります。

 

=====

 サチコ 「あの子、そういえば、新しい靴が欲しいって言ってたっけ」

 さらに買い物を続けようと、靴屋のレジでクレジットカードを出したところ「お客様、このカードは使えなくなっています」と言われてしまいました。今月の限度額を超えているようなのです。サチコさんの財布は、クレジットカードの利用明細やレシートなどでパンパンに膨らんでいます。サチコさんは、靴を買うのをあきらめました。

=====

 

 サチコさんはいつだって、自分に必要なものだけを買っているつもりですが、気づくといつも生活費が足りなくなっています。昔から貯金は苦手なタイプでした。特にクレジットカードを持ってからは、いつもお金のことが心配でなりません。残高が足りるのか心もとないまま、生活しています。いつカード会社から連絡が来るかと、どぎまぎしているのです。かといって、家計簿をつけても3日と続きません。

 

 実は、サチコさんに限らず、ADHDをもつ人は、お金の管理が苦手です。

 理由はさまざまですが、現実的・直接的な理由はいくつか指摘されています。①衝動買いが多い、②ギャンブルに夢中になって借金する、③クレジットカードの限度額を把握できない。こんなことが直接の引き金となっているようです。

 それでは、どうして大人のADHDの方は、衝動買いをしてしまったり、ギャンブルに依存してしまったり、クレジットカードを使いこなせなかったりするのでしょうか。

 実は、これらも脳の特性と大きく関係しているのです。

 

①衝動買い:

 前回お伝えしたとおり、研究によるとADHDの方の脳は、「今買ったら、お金が足りなくなる。だから我慢!」とブレーキをかけても、そのブレーキが他の人よりききにくいことがわかっています。さらには、買い物ほどすぐに結果が手に入るものはありません。報酬遅延勾配が急な、つまり、待つのが苦手ですぐに手に入るものを好むADHDの方には、買い物は大きな楽しみです。

 買い物の基準を「欲しいかどうか」ではなく、「これがないと生きていけないかどうか」に変えてみましょう。もっと衝動買い名人の方は、「バーゲンの季節は財布には限られた現金しか入れない」といった物理的な防御策にでましょう。

 

②ギャンブルにはまりやすい:

 ADHDの方の脳の研究によれば、報酬系とよばれる脳の部分に大きな特徴が見られるそうです。ADHDの人は、他の人が回避するようなリスクを冒してでも、大きな報酬が得られる方を選ぶそうです。まさに、「虎穴に入らずんば虎子を得ず」ですね。逆にいえば、同じことの繰り返しや古いものには、全く興味を引かれず、こうしたリスキーな状況でないと興奮できないという特性があるのです。

 ギャンブルこそ、変化に富み新鮮さを失わず、報酬が明確ですぐに得られる、ADHDの方の脳が喜ぶ刺激なのです。ここまでばっちりな刺激があると、「過集中」とよばれる、夢中になって何時間でも集中できるような状態へ移行します。普段の注意力散漫の様子からすると別人です。まさに「入り浸り」の状態になるのです。

 ADHDでまだギャンブルの経験のない方は、どうぞ最初からお控え下さい。ギャンブルでなくとも、ネットゲームも依存性が高く、課金で破産する人もいるほどです。最初から刺激を避けるのが賢明です。

 

③クレジットカードの限度額を把握できない:

 クレジットカードでお金の管理ができなくなる方は、ADHDの方に限らず、けっこういらっしゃいます。原因のひとつとして、情報の「つかみ方」に特徴があるといわれています。情報のつかみ方には大きく分けて2タイプあり、物事を“感覚的に”つかむタイプと、“データや数字などに基づいて”つかむタイプの方がいらっしゃいます。前者を非言語的記憶が優位なタイプ、後者を言語的記憶が優位なタイプといい、お金の管理が苦手な方は、前者に当てはまることが多いのです。

 物事を数字やデータに基づいて捉える、「言語的記憶を優先的に用いている人」は、クレジットカードの明細書に書かれている数字や、銀行の残高金額などの数字だけで、お金の残高を把握できます。これに対して、物事を感覚的に捉える、「非言語的記憶を優先的に用いている人」は、実際に「あと何枚お札がある」と見たり(視覚)、「財布がこのくらい膨れている」と触れたりして(触覚)、お金の残高を把握した方がピンとくるのです。もちろん、数字やデータを読めないわけではありません。文字としてわかっているし、意味を頭で理解はしているのです。しかし、数字を見ただけでは“実感”として、「お金がこれだけしかないんだ!」とわかりづらいということです。このために、使い過ぎや、クレジットカード破産が生じやすくなります。

 ADHDの方で、お金が溜まらないという方は、一度だまされたと思って、クレジットカードを封印し、「現金管理」に変えてみてください。つまり、非言語的記憶をフル活用してみるのです。クレジットカード明細という数字による感覚(言語的記憶)で失敗しているのですから、財布に入れたお札の分厚さや、使えば目に見えて減って行く重さの変化、並べてみたコインの数の見た目で、お金を管理していくのです。

 

写真・図版

 いかがでしたか? このサチコさんのお話は次回も続きます。

 

*************************

【お知らせ】

 大人のADHDについて、もっと学びたい方のためのワークブックをご紹介します。

◆『成人ADHDの認知行動療法~実行機能障害の治療のために』 

(メアリー・V・ソラント著、 中島美鈴・佐藤美奈子翻訳、星和書店)(http://www.amazon.co.jp/dp/4791109090/別ウインドウで開きます

 

写真・図版

 前半は、大人のADHDの特徴や診断、理論、併存症や治療法、事例などが書かれている専門的な読み物です。後半は、大人のADHDの集団認知行動療法用のテキストとリーダーズマニュアルになっています。ご本人がひとりで書き込みながら進めていくこともできますし、グループで使うこともできます。

 私が翻訳に関わった本ですが、読んでいて本当に興味深く、面白い本でした。

 

<アピタル:上手に悩むとラクになる・主婦の隠れたADHD>

http://www.asahi.com/apital/healthguide/nayamu/(アピタル・中島美鈴)

アピタル・中島美鈴

アピタル・中島美鈴(なかしま・みすず) 臨床心理士

1978年生まれ、福岡在住の臨床心理士。専門は認知行動療法。肥前精神医療センター、東京大学大学院総合文化研究科、福岡大学人文学部、福岡県職員相談室などを経て、現在は九州大学大学院人間環境学府にて成人ADHDの集団認知行動療法の研究に携わる。他に、福岡保護観察所、福岡少年院などで薬物依存や性犯罪者の集団認知行動療法のスーパーヴァイザーを務める。