[PR]

 今回もADHD(注意欠陥・多動性障害)の特性と子育てがテーマです。前回は、ネガティブな側面からみましたので、今回はADHDの特性をプラスに生かすとこうなる、というポジティブな例をご紹介します。

 

 子どもが小さいころの子育ては本当に大変です。子どもが起きている時間は、電話するのもままなりません。それでも、かかってたきた電話に対応したり、宅配便の受け取りに玄関先で応対したりしなければならないといったことが、意図せぬタイミングで起こります。トイレに行くのだって、化粧を終えるのだって、ご飯を作るのだって、とにかく一筋縄ではいきません。子どもの「ぐずり」や色々な要求で邪魔されるからです。しかも何度も。何度も何度も中断させられます。

 もーー!子育て中には、トイレにすらいけないのか!」

 私も何回もつらくなり、イライラしました。

子育て中の親は、何度、作りたてのラーメンをのびずに食べ終わるのをあきらめたことでしょう。何度、寄りたい店に後ろ髪を引かれながら、子どものペースで街を歩いたでしょう。何度、見たいテレビや入りたいレストランをあきらめたでしょう。

「親なら当たり前」 

 子どもが大きくなり、のど元過ぎればそう言えるのでしょうか。やはり渦中のつらさはなかなかのものがあります。子どもに中断され、自分のしたいことができず、下手すると夜泣きでよく眠れていない状況を想像してください。そりゃ誰でもイライラすると思いませんか。ADHDでなくても、です。

 さらにADHDをもつ親は、子育ての

・すぐには結果がでない

・毎日同じことの繰り返し

・自分の気持ちや、やりたいことを抑えながらやっていく

 という側面に関して、大きな困難を抱えています。その結果、育児に疲れすぎ、やる気が起こらず放棄し、怒りを爆発させ、一貫性のない育児で子どもを混乱させがちになることがあります。

 でも、子育てに、ADHDの次のような特性をプラスに生かす方法もあるのです。

 ①報酬遅延勾配が急(すぐに結果が出ないとだめ)

 子どもの成長は年単位のものも多いかもしれませんが、たとえば自転車に乗れるとか、ひらがなが書けるとか、ひとりでお買い物に行けるとか、そうした行動レベルのものならば、わりと短期間に結果を得ることができます。

さらに、それらをもっと短期間に結果を出せる小さな目標に分解していくのです。(スモール・ステップの原理)

 自転車の例でいけば、

・ハンドルとサドルを持って歩きながら自転車を押すことができる。

・サドルにまたがり、足で地面を蹴りながら前に進むことができる。

・上の状態で、スピードが出てきたときのみ、足を地面から2秒離して宙に浮かせる。

 こんなふうに、到達するまでの中間目標をたくさん作るのです。一つずつクリアしていく達成感を子どもとともに味わえます。

 

 もっと大きなお子さんにも使えます。

「進路をそろそろ考えなければ」という大きな事柄についても、複雑なほど、小さく分解して一つずつ落ち着いて取り組めばよいのです。こうして小さく分解してハードルを下げれば、ADHDの方の「あー、こんな課題、私にできるはずもないし、面倒くさすぎる。先延ばしちゃえ」となる癖を予防することもできます。

 

②新しいことに興味をもちやすく、繰り返しに退屈さを覚えてやる気が出ない。

 自分がしようとしている子育てはどんなものでしょう。多くの人は、自分がしてもらった子育てを基準にしています。「親もこうしてくれたから、当たり前なことだ」とか、「親のようにはなりたくないから、自分はこうする」とか。反面教師にする人は意外に多いですが、それも含めて、やはり親は基準になります。

 その「これはごく当然で当たり前」な子育て感を日頃はなかなか意識しませんが、これに縛られて自分を責めすぎている人が多いように思います。

 「母は手作りの幼稚園バッグを作ってくれたのに、それができない自分はだめな親だ」このような感じです。

 その固定観念をすっぱり捨て去るのはそう簡単ではありませんが、とらわれを緩めることができれば多少楽になります。

「子育てが退屈だなんて感じてはいけない」と自分を責めるかわりに、「そうよね。私は新しいものを好む特性がある。だから同じことの繰り返しの子育てには魅力を感じにくいのよね。」そう考えるのです。

 そしてすかさず、「ならば、常に自分を退屈させない方法で子育てしよう」と切り替えてみるのです。

 世の中にはありとあらゆる子育てメソッドがあります。子どもの理解の仕方から、対応の仕方、親自身の変化を促すものまで様々です。

 子どもを対象とした行動分析のような専門的知識を身につけるのもよいでしょう。これまで混沌(こんとん)としていて、毎日繰り返しに思えていた育児に、法則や方向性が見え始めるでしょう。育児に対する手ごたえを得やすくなります。ペアレントトレーニングなどの名称で世の中に出ています。

 子どもの力(論理的思考や認知機能、時間管理能力、運動機能など)をのばす各種ワークブックもたくさんあります。本屋の児童コーナーに立ち寄ればたくさん並んでいます。

 こうした目新しいやり方を知っておけば、自分がもっている「子育てはこうあるべき」のような育児に関するとらわれから少し自由になり、飽きずに子育てに向かえるかもしれません。

 自分のやる気を保つことのできる方法を探すことが大切です。こうあらねば、はいったん捨てましょう。自分が少しでも笑顔でいられる方法を探しましょう。

 

写真・図版

長くなりましたね。続きは次回です。

 

*************************************

【ADHDの関連書籍のご紹介】

大人のADHDについて、もっと学びたい方のためのワークブックをご紹介します。

『成人ADHDの認知行動療法~実行機能障害の治療のために』 

(メアリー・V・ソラント著、 中島美鈴・佐藤美奈子翻訳、星和書店)

 

前半は、大人のADHDの特徴や診断、理論、併存症に治療法、事例などが書かれている専門的な読み物です。

後半は、大人のADHDの集団認知行動療法用のテキストとリーダーズマニュアルになっています。ご本人がひとりで書き込みながら進めていくこともできますし、グループで使うこともできます。

計画的に物事を行えるようになったり、やる気を出す方法を学んだり、時間管理や整理整頓が行えるプログラムです。

私が翻訳に関わった本ですが、読んでいて本当に興味深く、面白い本でした。

こちら(http://www.amazon.co.jp/dp/4791109090/別ウインドウで開きます )からお求めいただけます。

 

<アピタル:上手に悩むとラクになる・主婦の隠れたADHD>

http://www.asahi.com/apital/healthguide/nayamu/

(アピタル・中島美鈴)

アピタル・中島美鈴

アピタル・中島美鈴(なかしま・みすず) 臨床心理士

1978年生まれ、福岡在住の臨床心理士。専門は認知行動療法。肥前精神医療センター、東京大学大学院総合文化研究科、福岡大学人文学部などを経て、現在は福岡県職員相談室に勤務。福岡保護観察所、福岡少年院などで薬物依存や性犯罪加害者の集団認知行動療法のスーパーヴァイザーを務める。趣味はカフェ巡りと創作活動。