[PR]

 今回は、大人のADHD(注意欠陥・多動性障害)の人間関係についてです。大人のADHDは、友人や恋人、職場の同僚、雇い主とうまくやっていくことが難しく、離婚率が高いことが知られています。(Weiss & Hechtman, 1993)、また、人間関係について、次のような経験をし、悩んでいることが多いです。

□恋人や家族の誕生日などの記念日を忘れ、大事な話を覚えておらず、相手から責められた。

□懇親会の参加申し込みや書類の提出など締め切りを何度も守れず、周りに迷惑をかけ、あきれられた。

□よく「天然」だと言われる。

□自分の話ばかりして、あとから「そういえば、相手の話を全然聞いてなかった」と後悔する。

□知人は多いが、悩みを相談できるような親友と呼べる人はいない。

□恋人や配偶者とは別の人と、一夜限りの関係をもってしまった。

□いけないと頭でわかっていても、その場の雰囲気で異性と一線を越えてしまった。

□望まない妊娠を経験した。

□職場仲間やママ友などとのやりとりが面倒で、ついつい返事が後回しになり、自分がいないところでの飲み会や、輪の中に入れなくなった。

□会話中に、相手から「ちょっと聞いてるの?」と言われ、そのうち相手が自分と話したがらなくなった。

□会話を面白くしようと思っただけで、その場がしらけてしまった。後から「無神経な発言だったかな」「思いやりがなかった」と反省することを繰り返している。

□初対面の相手には、特に気を使っているつもりだが、なんとなく避けられている。

□努力しているのに、上司に評価されず、出世もできない。

 周囲との人間関係でこのような悩みを抱えてしまう原因には、ADHDの次のような特性が関係していると言われています。

・物事を忘れっぽい

・人の話に集中できず、別のことを考え出してしまう

・場の空気はある程度読めるが、自分の衝動をコントロールできない

・人間関係をコツコツと積み重ねていくのが苦手 など

 一方で、人を一瞬で引き付ける魅力をもっているのもADHDの特性です。すばらしいプレゼンができ、営業職として成功している方もたくさんいます。その場限りの人間関係では、人見知りせずに非常に明るく社交的にも振る舞えます。そうしたADHDの特性は、最初は人との距離をぐっと近づけることもあります。しかし、人間関係を継続するには不利なものともいえます。

 そのため、ADHDの人はこうも考えるます。

「私がうまくいくのは、最初だけ。本当の私を知られてしまったら、みんな離れていくんだ」

人に対して距離を置き、冷めていなければ傷ついてしまいます。本当は誰かと強く結びついていたいと願いながらも、「なぜか」うまく続かないのです。

 

 こうした問題へのアプローチ方法としてどのようなものがあるでしょうか。

 認知行動療法では、勇気を出して、その問題の核心を一緒に見つめます。どうしてうまくいかないのか。その原因をしっかり分析して、できる範囲で解決に取り組むのです。

 「友人の誕生日を覚えていないこと、すぐにメールの返事をしないことが問題ではないか」と、いくつか原因を予想するのです。それらを一つずつ、どうやったら解決できるかを話し合います。

 誰でも人間関係はうまくやりたいのです。「子どもも小学生になったから、今度こそママ友ときちんと付き合って、人間関係を築かなくては」と決意したのなら、より具体的な方法を考えましょう。

 「メールの返事はすぐにするぞ」とか「自分の話を10回したくなったら、9回は我慢して、相手の話を聞いてからにしよう」「自分のことばかり話さずに、相手から聞いたのと同じ範囲だけ話すぞ」と、具体的な決意をします。「誕生日を忘れない方法を誰かに聞いてみよう」と、目上の信頼できる誰かに「人間関係の秘訣(ひけつ)」を聞いてみるのも効果的です。

 

 次回からは、人間関係にもう一歩踏み込んで、場面別に紹介していきます。

 

写真・図版

(引用文献)

Weiss, M., Hechtman, L. T. (1993). Hyperactive children grow up (2nd ed.). New York: Guildford.

************************

【大人のADHDの集団認知行動療法を行っています。】

 このコラムのような大人のADHDの特徴で、日々の生活でお困りの方を対象にした集団認知行動療法(グループカウンセリングの一種)を行っています。

 今年度の募集は定員となり終了していますが、来年度以降の開催予定についてお知りになりたい方はtimemana@hotmail.com(スパムメール対策で@を半角に変えてメールしてください)大人のADHD集団認知行動療法事務局まで。①名前②住所(郵便番号も添えて)③パソコンのメールアドレスを添えてご連絡ください。詳細が決まり次第、お知らせ致します。

【ADHDの関連書籍のご紹介】

大人のADHDについて、もっと学びたい方のためのワークブックをご紹介します。

『成人ADHDの認知行動療法~実行機能障害の治療のために』 

(メアリー・V・ソラント著、 中島美鈴・佐藤美奈子翻訳、星和書店)

前半は、大人のADHDの特徴や診断、理論、併存症に治療法、事例などが書かれている専門的な読み物です。

後半は、大人のADHDの集団認知行動療法用のテキストとリーダーズマニュアルになっています。ご本人がひとりで書き込みながら進めていくこともできますし、グループで使うこともできます。

計画的に物事を行えるようになったり、やる気を出す方法を学んだり、時間管理や整理整頓が行えるプログラムです。

私が翻訳に関わった本ですが、読んでいて本当に興味深く、面白い本でした。

こちら(http://www.amazon.co.jp/dp/4791109090/別ウインドウで開きます )からお求めいただけます。

<アピタル:上手に悩むとラクになる・主婦の隠れたADHD>

http://www.asahi.com/apital/healthguide/nayamu/(アピタル・中島美鈴)

アピタル・中島美鈴

アピタル・中島美鈴(なかしま・みすず) 臨床心理士

1978年生まれ、福岡在住の臨床心理士。専門は認知行動療法。肥前精神医療センター、東京大学大学院総合文化研究科、福岡大学人文学部などを経て、現在は福岡県職員相談室に勤務。福岡保護観察所、福岡少年院などで薬物依存や性犯罪加害者の集団認知行動療法のスーパーヴァイザーを務める。趣味はカフェ巡りと創作活動。