[PR]

 川崎市の小学6年、川端はるなさん(12)は5歳の時にインフルエンザ脳症にかかりました。意識の戻らない状態からなんとか回復しましたが、脳が損傷し、「高次脳機能障害」と診断されました。動作や言葉がゆっくりになり、授業や友達の会話についていけなくなりました。外から見える症状や障害の程度と、本人が日常生活で感じる困難さとの間に大きなギャップがあり、後遺症にどう向き合うか家族で悩みました。

 …

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら