[PR]

 インフルエンザにかかったお子さんが治ったら、いつから登園・登校していいかご存じですか?抗インフルエンザ薬を使うと、とても早く解熱して、元気になることがありますが、発熱した日をゼロと数えて5日たつまで、つまり6日目までは登園・登校はできません。これは抗インフルエンザ薬を使っていても、いなくても同じです。

 

 そして、保育園・幼稚園に通う子は解熱後、発熱していない日を3日置いてから登園できます。小学生以上の子は、発熱していない日を2日置いたら登校して構いません。この発熱から5日後、あるいは解熱して2-3日後の長い方までお休みします。出席停止という扱いになるので、欠席にはなりません。

 

 これは学校保健安全法や関係法令で、「学校で予防すべき感染症」として定められています。保育園は文部科学省管轄の教育機関ではありませんが、幼稚園と同様です。保育所における感染症対策ガイドラインというものを厚生労働省が作っています。子どもが集まる狭い空間は感染症が蔓延しやすいので、安全に集団生活ができるために対策を考えてあるんですね。

 「学校で予防すべき感染症」には、第1種としてエボラ出血熱、天然痘、ペスト、ポリオ、ジフテリアなどがあります。第2種として、麻疹、風疹、おたふく風邪、水ぼうそう、結核、百日咳、咽頭結膜炎、髄膜炎菌性髄膜炎、インフルエンザ。第3種に流行性角結膜炎などがあります。これらは臨床研究などの報告をもとに、ウイルスや細菌などが体から排出されていると考えられる期間は、園や学校に行ってはいけません。

写真・図版

 登園・登校の可否をめぐっては、小児科医にとっては心苦しいというか切ないというか、悩ましい思いをいだくことがあります。たとえば年に1回、あるいは在園中に最初で最後の大事な発表会なのにおたふく風邪になってしまい、「残念ながら明日は登園してはいけません」と宣告しなくてはいけないとき、小児科医もつらいのです。

 水ぼうそうは現在は2回の定期予防接種になったので大流行することは減りましたが、以前は接種していない子、接種していても1回だけの子が多く、切ない事例に遭遇することが多かったです。感染しても軽く済むから打たなくていい、注射は痛くてかわいそう、と思う親御さんがいたら、考え直してほしいです。インフルエンザも毎年、必ず流行する感染症です。「去年、かからなかったから今年は予防接種を受けません」という方がいますが、誰がいつ、どんな感染症になるかは分かりませんので予防はしっかり、人事を尽くしましょう。

 いま流行しているインフルエンザは、特に感染する母数が多い分、毎年、いろいろな「攻防」があります。「えっ?今週いっぱい登校できないんですか?……発熱したのは昨日じゃなくておとといだったかな。だとしたら金曜日から学校に行けますね」、「でも、昨日外来にいらしたときにはさっき熱が出たと言っていましたよ」と日数をあいまいにしたり、「同級生の子がうちの子と同時にインフルエンザになったはずなのに、発表会のためにこっそり登園していたんです」と抜け駆けの話をしたりする親御さんがいます。ほとんどの人が、他のお子さんに移してはいけないし、本人も病み上がりだから登園・登校の期日を守っています。発症した日をごまかしたり、出席停止期間中に登園・登校したりするのはやめましょう。

 現在、日本では多くの医療機関がインフルエンザを診断するために迅速診断キットを使っています。発熱から12時間経っていないと診断が難しいことがあります。検査を希望する際には、発熱してすぐではなく、半日くらい時間をおいてから受診しましょう。もちろん、インフルエンザと診断される前でも、高熱でつらい、頭が痛い、筋肉痛や関節痛で眠れないなどインフルエンザっぽい症状には対症療法の薬が出されます。

 検査がまだできない、抗インフルエンザ薬が処方されないからといって受診が無駄になるわけではありません。満を持して、発熱から12時間後に検査をしたらインフルエンザと診断され、抗インフルエンザ薬を処方されることが多いです。飲み薬、吸入薬がありますが、これを使わないと治らないのではなく、熱が1日程度早く下がるというものです。解熱鎮痛薬、去痰薬(痰を切る薬)などの対症療法の薬でも、一般的には時間がたてば治ります。主治医と話し合って決めましょう。

 点滴の抗インフルエンザ薬もありますが、主に重症例に使われます。初期救急診療所や時間外の医療機関で診断された場合は、抗インフルエンザ薬を通常の5日分ではなく1日分あるいは休み明けの分までしかくれないことがあります。これは、救急外来は急場をしのぐところで、薬の在庫をたくさん置けないという事情がありしかたのないことです。続きの薬をもらいに、本人と一緒にかかりつけの医療機関に行きましょう。

 登園許可書・登校許可書は、法律で決められたものではありませんが園や学校からもらってくるよう言われることが多いので、通っている園・学校に確認してください。発熱して5日間は、一見元気になっても再び熱が上がってくることがあります。許可書をもらいにいくのは、発熱から5日以上経っていて48-72時間近く熱が出ていない頃がいいでしょう。

 許可書をもらう場所は、原則的にインフルエンザと診断をしてもらった医療機関です。例えば、Aクリニックでインフルエンザと言われ、治ったのでB病院で許可書を出してもらおうと思っても、B病院には経過がぜんぜんわからないのです。いつから熱があって迅速診断でいつインフルエンザだとわかり、内服を何日したということが証明できるのはAクリニックだけなので、Aクリニックに許可書をもらいに行きましょう。ただし、救急外来などで診断された場合はその限りでなく、お薬手帳や紹介状などを持ってかかりつけ医で引き続き診てもらっていますね。かかりつけ医で発行してもらいましょう。

 そういった登園・登校許可書、治癒証明は、本人や保護者、医療機関に負担が重く廃止したほうがいいという意見もあります。すべての人が登園・登校の基準をよく知って、守っていたらもちろんいりません。厚労省の保育所における感染症対策ガイドラインにも一律の届け出書の提出は必要ありませんと書いてあります。しかし、実際には医師の診断に基づいた許可書を求められることが多いので、自治体や通っている園・学校に確認しましょう。

 

<アピタル:小児科医ママの大丈夫!子育て>

http://www.asahi.com/apital/column/daijobu/(アピタル・森戸やすみ)

アピタル・森戸やすみ

アピタル・森戸やすみ(もりと・やすみ) 小児科医

小児科専門医。1971年東京生まれ。1996年私立大学医学部卒。NICU勤務などを経て、現在は一般病院の小児科に勤務。2人の女の子の母。著書に『小児科医ママの「育児の不安」解決BOOK』(メタモル出版)、共著に『赤ちゃんのしぐさ』(洋泉社)などがある。医療と育児をつなぐ活動をしている。