[PR]

 前回は、親からするとやめてほしい「困った行動」を、なぜ子どもがとるのかを考えてみました。その行動の後に、子どもが「ご褒美」と思えるような結果がもたらされていましたね。今回は、「困った行動」にどう対応したらいいかについてです。

 前回に引き続き、夕食のときに、席を立って母親のいうことを聞かずにソファーの上でジャンプし始める子どもの例をみていきましょう。

 

■■ある日の夕方■■

18:00

  母:台所で忙しく夕食の支度をする

子ども:母親に話しかけたが、「忙しいからあとで」と言われ、テレビを見ている

18:15 夕食の準備が終わる

  母:リビングのテレビを消して「ごはんよ」とよびかける

子ども:テーブルにつく

   親子で楽しく話しながら夕食を食べている

18:20

  母:宅配便の不在通知に気づき、子どもとの会話を中断。立ち上がり、再配達の電話をかけ始める

子ども:椅子から立ち上がり、テレビをつけてソファーの上でジャンプ

  母:電話が終わり、子どもに厳しく注意。それでも聞かないので、ソファーに近づくが、子どもに逃げられ、さらに追いかける

子ども:さらに逃げ回る

 

 子どもが席を離れた直後、母親に厳しく叱られましたが、そこから鬼ごっこが始まっていましたね。食事の前は忙しくてお母さんにかまってもらえなかった子どもは、少しぐらい叱られても気を引こうと必死になっています。母親の「厳しく注意+ソファーに近づいて追いかける」という対応が、子どもにとっては、鬼ごっこという「ご褒美」になっていたのですね。

 ここでして欲しいことは2つあります。

 1つは、困った行動のあとの、「ご褒美」となるような結果を取り除くことです。つまり、子どもが席を離れてソファーでジャンプを始めても、厳しく注意はしません。追いかけたもせず、結果的に鬼ごっこにならないよう相手にしないようにします。

 これを行動療法の言葉では、「消去」といいます。こうした対応をとるには親側にもかなりの根気、覚悟が必要です。というのも、子どもがさらに激しい行動に出ることが予想されるからです。これまでは親がかまってくれたのに、いきなり「無視」されるのです。こうなると子どもはどういう反応をするでしょうか。いままで以上に激しい行動に出て、乱暴な言葉を使ったり、あなたの大事にしている花瓶を割ろうとしたりするかもしれません。

 大人だって、リモコンを押してもテレビがつかないときにはどうしますか?何度も何度もリモコンのボタンを押してませんか。それでも反応しない場合には、テレビに近づいて横の方を「ドン!」とたたくこともあるかもしれません。リモコンのボタンを押すという行動の結果として、テレビがつくのが当たり前だったのに、そうでない状況に直面すると、イライラして、さらにボタンを連打することはありますよね。

 子どもの場合も同じです。この「消去」をした後に一時的に行動が激しくなることを「消去バースト」といいます。この消去バーストに屈して「ごめんごめん」とこちらが対応を変えてしまうと、子どもはこう学習します。

 「なるほど、激しくだだをこねれば、お母さんはこっちを向いてくれるんだ」

 これでは、子どもの行動は余計に悪化します。

 このとき注意しなければならないのが、本当にその行動が親の気を引くためだけにやっていることかどうかを見極めることです。たとえば、風邪を引いて熱が出始めの子どもは、いつも以上に欲求のコントロールが難しくなり、親からすればわがままにみえることもあります。どこかが痛いとか、かゆいといった異変がある場合もありますので、そこは注意深く子どもの様子を観察するなどしてください。

 また、親が求めている行動が、その子の年齢にふさわしい難易度の行動かどうかも考えてみてください。ちなみに5歳の子どもに「空気を読んで動きなさい」、「テレビを見てもいいから、手だけでも動かしてちゃんと着替えなさい」(ながら作業)は、一般的にはまだまだ難しいでしょう。

 

 二つ目にして欲しいことは、「席を離れてソファーの上でジャンプする」といった「困った行動」の代わりに、どんな行動が「望ましい行動」なのかを子どもに教えてあげることです。

写真・図版

 これをせずに、ソファの上で跳びはねる子どもを無視し続けるのは育児放棄と言われてしまうかもしれません。子どもは深く傷つくかもしれませんし、どうやったら自分の要求を適切な形で親に伝えればよいかがわからないままです。無視された子どもが、やけを起こして、より望ましくない行動に没頭していったり、何かを求めてもどうせ無理なんだ、と無気力になったりするかもしれません。

 では、今回の例では、どのように代わりの行動を教えればよいでしょうか。この子はどうやら、お母さんの注意を引きたいようです。なので、「ママが電話している間、席についてご飯食べることができたら、食べ終わった後に鬼ごっこしよう!」とか、「電話が終わったらなぞなぞしよう。考えておいてよ」とか、「ママが電話している間に、このにんじんを3口食べれるかな、競争だ」とか、とにかくその子どもにとって、具体的で、しかも無理なく取り組める行動を示してあげましょう。

 逆に「静かにして、席立たないでね」という「~しない」形の指示では、子どもはどうしていいかわからないかもしれません。「~しない」という形の行動は、「~しない」代わりに何をしたらいいかがわかりにくいのです。

 例えば、外国人が初めて日本に来た時に、箸(はし)の使い方を習うとしましょう。そのときに「いいですか?このお箸でミートボールを突き刺して食べてはいけません。フォークとは違います」といわれても困ってしまうでしょう。では、どうやってこの2本の棒でまんまるのミートボールをつかめばよいのかわかりません。手づかみなのか、箸でミートボールを切るべきなのか。私たちが何気なく口にしている子どもへの言葉には、この「~しない」形は意外に多いのです。

 

 「ほら、ぼーっとしないで」

 「こぼしたらだめよ」

 「テレビばっかり見るのやめなさい」

 「そんなひどいことばかりしないで」

 ついつい口から出てしまう言葉ですが、どれも「~しない」という形ばかりですね。

 親は、子どもにとって「ご褒美」になるような行動をとらないようにしつつ、子どもにとって「望ましい行動」を具体的に示す。そのとき「~しない」という言い方をせずに教えてあげる。子どもの「困った行動」に直面したとき、試してみてはいかがでしょうか。

 

************************

【大人のADHD時間管理ワークブックの予約販売が始まりました!】

 大人のADHDの方を対象としたワークブックが3月8日に出版されました。

https://www.amazon.co.jp/dp/4791109473/別ウインドウで開きます

 約束の日時を忘れてしまう、締め切りを守れない、夜更かしなど生活リズムに問題がある、いつも探し物に追われているなどの困りごとのある方なら、どなたにも使っていただけます。スケジュール帳を用いて、時間管理のスキルを学んでいきます。

 これまでスケジュール帳に挫折してしまった方にも、大人の発達障害の方の特性に応じたノウハウがたくさんですし、毎セッションごとに課される行動課題をクリアしていくことで、生活が劇的に変化します。具体的な生活場面ごとに構成されていますので、改善が早く見込めますよ。これまでこのプログラムで学んでこられた方々の生活の知恵、体験談が満載なのも、このワークブックの面白いところです。

 今なら4月始まりのスケジュール帳が出回っている季節。このワークブックと新しいスケジュール帳を手に入れて、時間に追われるのではなく、時間を味方につけた充実した人生を送りませんか?

https://www.amazon.co.jp/dp/4791109473/別ウインドウで開きます

 また、このワークブックをグループで用いたカウンセリングを行う予定です。4月より参加者を募集致します。詳細は下記をご覧下さい。

 

【大人のADHDの集団認知行動療法を行っています。】

 このコラムのような大人のADHDの特徴で、日々の生活でお困りの方を対象にした集団認知行動療法(グループカウンセリングの一種)を福岡市で行っています。研究目的のグループです。全8回のプログラムで、週に1回、約2ヶ月間で時間管理と整理整頓を実践し、身につけます。

 今年度の募集は定員となり終了していますが、来年度以降の開催予定についてお知りになりたい方はtimemana@hotmail.com(スパムメール対策で@を半角に変えてメールしてください)大人のADHD集団認知行動療法事務局まで。①名前②住所(郵便番号も添えて)③パソコンのメールアドレスを添えてご連絡ください。詳細が決まり次第、お知らせ致します。

 

<アピタル:上手に悩むとラクになる・その他>

http://www.asahi.com/apital/healthguide/nayamu/(アピタル・中島美鈴)

アピタル・中島美鈴

アピタル・中島美鈴(なかしま・みすず) 臨床心理士

1978年生まれ、福岡在住の臨床心理士。専門は認知行動療法。肥前精神医療センター、東京大学大学院総合文化研究科、福岡大学人文学部、福岡県職員相談室などを経て、現在は九州大学大学院人間環境学府にて成人ADHDの集団認知行動療法の研究に携わる。他に、福岡保護観察所、福岡少年院などで薬物依存や性犯罪者の集団認知行動療法のスーパーヴァイザーを務める。