[PR]

 乾燥した季節に鼻血がよく出るというお子さんがいますが、今の季節も活動的になり外遊びで鼻をぶつけて鼻血が出ることがあります。他にも、花粉症や風邪やアレルギー性鼻炎で鼻の粘膜が腫れていてちょっとした刺激で出ることもあるし、特に原因が思い当たらないときも鼻血が出ることもあります。かさぶたができて出血が止まり、そのかさぶたを本人が気にして触ったり、くしゃみをした拍子にまたかさぶたが取れたりして数日間、鼻血が続くこともありますね。「最近、毎日鼻血が出るんです」と心配そうに子どもを外来受診に連れてくるお母さんもいますが、数分で止まれば問題ありません。

 

 鼻のどこから血が出ることが多いでしょうか。鼻の内側は鼻粘膜という粘膜で覆われていて、大きなゴミを取るために毛が生えてフィルターの役割をしています。左右の鼻の穴の間は鼻中隔と呼ばれる鼻粘膜の壁ですが、この鼻中隔の入口から1cmくらい入ったところは血管が特に多く、キーゼルバッハ部位という名前がついています。血管が表面に多く集中していて、ここから鼻血がでることが多いのです。刺激しないようにしましょう。

 じょうずに鼻血を止めるには 次のことを参考にしてください。出血しているところを心臓より高い位置にしたほうがいいので、横になるよりは座りましょう。出た血がのどの方に行ってしまうと気持ちが悪くなりますから、うつむき加減にします。片手で鼻をつまむだけでもいいし、何かティッシュペーパーや脱脂綿などを出血する鼻の穴に詰めてから鼻をつまんでもいいです。詰めた物を頻繁に変えたり、鼻をかんだりするとせっかく止まりかけた鼻血がまた出てしまうので、10分ぐらいはそっとしておきましょう。詰め物をする場合は、繊維などが鼻に残りにくいものにしましょう。

写真・図版

 

 普通はこういった圧迫止血をすれば10分前後で鼻血は止まりますが、なかなか止まらないとか、歯ぐきなど他の部分からも出血があるとき、ちょっとぶつけたくらいなのに足などに青あざが出るときなどは、小児科か耳鼻科にかかりましょう。とても珍しいことですが、凝固因子や血小板が少なくなったりうまく働かなくなったりする病気や腫瘍などが見つかることがあります。頻繁に鼻血が出て、日常生活で困る場合も、耳鼻科に行って相談してみましょう。鼻粘膜を焼くという治療法があります。

 私が子どものころ、鼻血を早く止めるには「首をトントン叩くといい」とか「鼻を冷やすといい」と言われたことがあります。ですが、叩いて止血が早まるということはなく、むしろ動かしたらよくないし、外から鼻を冷やしてもあまり意味がないと思います。また、「チョコレートを食べすぎると鼻血が出るよ」という注意もされた覚えがありますが、もともと持病がないような 人が特定の食品を食べて鼻血が出やすくなるということはありません 。

 鼻血というと放射線の影響を心配する人もいるかもしれません。自然界にも放射線はゼロではなく宇宙や地面、食物、大気中からも自然放射線が検出されます。1年間に受ける放射線量は、 世界平均で2.4ミリシーベルト、日本の平均は2.1ミリシーベルト程度で、そういった放射線量では健康に影響はありません。

 放射線をたくさん浴びすぎて粘膜が傷害され鼻血が出る場合、他の粘膜や皮膚も同様になるはずです。水疱や脱毛もなく、鼻血だけ出てくることはありません。実際に、東日本大震災の際も、福島県立医大附属病院を含む福島県中通りにある3病院で、被曝の影響があると言える鼻出血患者数の増加はなかったと報告されています(松塚崇「日本医事新報」2015; 4774: p15-16)。放射線を短時間にたくさん浴びないとそういったことは起きないということを覚えておいてくださいね。

 

<アピタル:小児科医ママの大丈夫!子育て>

http://www.asahi.com/apital/column/daijobu/(アピタル・森戸やすみ)

アピタル・森戸やすみ

アピタル・森戸やすみ(もりと・やすみ) 小児科医

小児科専門医。1971年東京生まれ。1996年私立大学医学部卒。NICU勤務などを経て、現在はさくらが丘小児科クリニックに勤務。2人の女の子の母。著書に『小児科医ママの「育児の不安」解決BOOK』(メタモル出版)、共著に『赤ちゃんのしぐさ』(洋泉社)などがある。医療と育児をつなぐ活動をしている。