[PR]

 海外旅行から帰ってきたら赤いブツブツができた…、行楽地に行ったわけでもないのにかゆい…。そんな時は、トコジラミや毛虫の被害かもしれません。羽根のある吸血昆虫の他にも、人の健康をおびやかす害虫がいます。(写真はいずれも、兵庫医科大学皮膚科の夏秋優准教授提供)

市街地で被害が多発 チャドクガにご注意

 行楽地に出かけたわけでもないのに、気づいたら首から腕にかけて無数の赤いブツブツが…。こんな時は、チャドクガの毒針毛に触れた可能性がある。

 チャドクガの幼虫は、黒とオレンジ色の毛虫で、体長は大きい物で2・5センチほど。初夏(5~6月)と晩秋(8~9月)にかけて、市街地の公園や庭に植えられたツバキやサザンカでよく見られる。

 肉眼で見える長い毛に毒はないが、体の黒い部分に長さ0・1ミリほどの数十万本の毒針毛が密生していて、触れると簡単に抜け落ちて皮膚に刺さる。首やうでが被害を受けることが多く、1~2日たってから、かゆみを伴う細かい赤いブツブツが多発する場合が多い。毒の成分に対するアレルギー反応で、かくと発疹がどんどん広がる。

 かゆみが強い、範囲が広いなど症状が強い場合は、皮膚科を受診し、炎症を抑えるステロイドの塗り薬などを処方してもらうとよい。症状は1週間ほどで軽快するが、細かい毒針毛が服に残っているなどして、しばらく発疹やかゆみが出ることもあるという。

 もし毛虫に触ってしまったら……。触れた直後なら、まずは粘着テープで毒針毛を取り除き、せっけんを泡立てて勢いよく水で洗い流すとよい。ただ、知らないうちに触れてしまうことも多いため、公園などではできるだけ、ツバキやサザンカに近寄らないほうがよさそうだ。

 もしも庭先で毛虫を見つけたら? 夏秋さんは、「チャドクガの幼虫は、小さいうちは群生していることが多い。大きなビニール袋をかぶせて、枝を根元から切るとよいですよ」と助言する。

 

旅行から帰ったら、手足に赤いブツブツが もしかしてトコジラミ?

 旅行先で気をつけたい虫に「トコジラミ」がある。ナンキンムシともよばれ、戦前から戦後まで日本にもよくいた害虫だ。駆除が進んで、高度経済成長のころには被害はほとんどなくなったというが、近年また、世界中で増えている。

 害虫などの駆除を手がける公益社団法人の日本ペストコントロール協会によると、国内の被害は2010年ごろから目立って増えているという。海外からの旅行者や、海外への旅行者が増えたことなどが背景にある。協会に寄せられる相談は年々増えていて、2015年度は全国で617件、5年前と比べ約4・5倍に増えた。同協会の平尾素一会長は「情報が公になりにくく、実態をつかみきれてはいないが、宿泊施設だけでなく一般家庭にも広がってきている」と指摘する。

 体長は5ミリほど。室内の壁の割れ目や、畳、引き出し、本棚のすき間などに潜んでいて、夜になると這い出してきて、寝ている人を襲う。主に顔や首、手足など、寝間着や布団から露出している部分から吸血する。

 刺された直後は症状がなく、1~2週間ほどしてからかゆみを伴う赤いブツブツができることがある。このため、旅行先で被害にあっても気づかないことが多い。また、スーツケースなどについた虫を持ち帰り、自宅に住み着いてしまうと、毎晩吸血を繰り返すので、新しい発疹がくりかえし出る。

 

 トコジラミと症状の似た虫に、「イエダニ」がある。ドブネズミにつく害虫で、人の血も吸う。

 イエダニは、トコジラミより小さく体長0・7ミリほど。夜に室内に侵入して衣服にもぐり込み、服におおわれたやわらかい皮膚を好んで襲う。刺された1~2日後に、かゆみをともなう赤いブツブツが現れる。

 トコジラミは露出部、イエダニは服に覆われた部分の血を吸うため、虫さされの原因がどちらなのかは、発疹の分布からある程度判別できるという。

 どちらも、発疹やかゆみは虫の唾液成分に対するアレルギー反応だ。治療法は蚊と同様、ステロイドの塗り薬などを用いる。ただし、家に住み着いた場合は駆除が必要だ。近年広まっているトコジラミは、一般的な「ピレスロイド系」の殺虫剤が効かないことが多く、業者への依頼が必要になる。イエダニは、ドブネズミの駆除も合わせて行う。

 

 トコジラミの被害は、米国をはじめ世界各地で広がっている。ベッドの周囲などに潜み、スーツケースなどに産卵して被害を拡大させるため、米環境保護局は「ホテルではスーツケースをベッドの近くに置かない」「帰宅後もスーツケースを寝室に置かない」「帰宅後はすみやかに衣類を洗濯し、高温乾燥にかける」など、トコジラミの被害を防ぐための助言をホームページに掲載している(https://www.epa.gov/bedbugs/tips-travel別ウインドウで開きます)。

 

 足にできるかゆい発疹にはもうひとつ、「ネコノミ」による被害も考えられる。

 体長2~3ミリの虫で、野良猫などに寄生する。羽根はないが30センチほどジャンプする。市街地の公園などで足もとを刺されることが多く、1~2日たってからかゆみがではじめ、直径1センチほどの水ぶくれができることが多いのが特徴。症状が強い場合は、皮膚科を受診したほうがよい。

 

<アピタル:マンスリー特集・夏の健康>

http://www.asahi.com/apital/healthguide/monthly/

(鈴木彩子)

鈴木彩子

鈴木彩子(すずき・あやこ) 朝日新聞記者

2003年朝日新聞社入社。高松総局、静岡総局、東京本社科学医療部、名古屋本社報道センターなどをへて、2016年4月からアピタル編集部員。