[PR]

 首都圏に住む49歳の女性は、32歳で心臓の一部の筋肉が弱まる「拡張型心筋症」と診断されました。心臓のポンプ機能を正常に近づける機器を体に埋め込む手術を受けましたが、症状は進みます。心臓移植を受けようとレシピエントとして登録し、補助人工心臓を付けて移植を待つ間、女性は脳出血で病院に運ばれます。幸いなことに意識は戻り、しばらくたって移植手術を受けることができました。十数年間の闘病を終えた女性は、手術から数年後、地元のパン屋で働き始めます。当初は仕事に慣れず、つらい時期もありましたが、あきらめず続けるうち、職場でも一目置かれるようになりました。

 …

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら