【近藤康太郎】ヤフーや楽天などが運営するインターネット上の競りの場、「ネットオークション」で、チケットに法外な高値がつくコンサートが相次いでいる。「本当のファンの手に渡らない」と規制を求める声もある。

 11月に11年ぶりの来日公演をするポール・マッカートニー。9月、一般発売開始とほぼ同時にチケットは完売。直後から、ネットオークションにポールのチケットが出回り始めた。

 ネットオークションでは、個人や企業の売り手はさまざまな商品を出品、買い手は競りの締め切りまで値をつり上げて落札しようとする。出品者が競りなしの「即決価格」を示すこともできる。

 ネット社会に詳しいジャーナリスト神田敏晶さんはポールの先行チケットに申し込んで、抽選で外れ。ヤフーオークションをチェックして愕然(がくぜん)とした。「定価1万6500円のチケットに、平気で即決価格40万円などと値付けしている。これではカネ持ちだけで、本当に見に行きたいファンにチケットが回らない」

 純粋な余り券や買い間違いによる出品も多い。神田さんが問題にするのは「ネットダフ屋」などと呼ばれる“プロ”の出品者。「コンサート会場でのダフ屋行為は、各都道府県の迷惑条例で規制されている。ネットダフ屋は放置していいのか? 東京五輪をこんな状態で迎えるんですか? ヤフーなど大手サイトは、転売価格の上限を例えば2倍までなどとして、ネットダフ屋のモチベーションを下げるべきだ」

 売り切れが予想される人気イベントが、数倍以上に値付けされるのは珍しくない。ロッキング・オン社など主催の夏フェス「ロック・イン・ジャパン」は、毎年チケット売り切れ必至。来場者は、夏フェスの中でも比較的年齢層の低いJロックのファンが多いだけに、影響は甚大だ。

 同社は「本来なら行きたい人に回るべきチケットが、一種のネットダフ屋とも言える人たちに押さえられている」「(ヤフー側は)その状況に結果として加担しているにもかかわらず、放置している」などとした質問状を、最大手のヤフーに複数回送った。ロッキング・オン社の渋谷陽一社長は「何の回答も得られなかった。とても残念」と話す。

 ヤフー広報室は「オークションは自由に売買できる市場であり、需要と供給関係で成り立つ。人気高のモノに高値がつくのはチケットに限らないし、そもそも市場とはそういうもの」と取材に答えた。

 ヤフーの言い分にかちんと来るロックファンは多いかもしれないが、反論するのは、実は至難だ。