2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、駅や公園などにある公共のトイレを快適にしようという運動が進められている。その目指すところは、日本を訪れる人たちの「おもてなし」にとどまらない。障害者や高齢者、赤ちゃん連れの人など、誰もが外出時に安心できる環境をつくる取り組みだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます