岩と岩に挟まれた「落ちそうで落ちない石」として知られ、地震で行方が分からなくなっていた熊本県南阿蘇村の「免(めん)の石」が、近くに落ちているのが見つかった。原形をとどめ、登山道脇の斜面に引っかかっていたという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます