無事発見の連絡に、子どもたちは歓声と拍手で喜び、大人は胸をなで下ろした。この1週間、北海道で行方がわからなくなっていた小学2年生の田野岡大和(やまと)君(7)は、樹木が生い茂る林道を歩き、がらんとした施設で一人、水だけで過ごしていたという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます